不妊という問題に対して漢方というアプローチを試みる

SITEMAP
不妊

不妊には漢方薬を上手に活用しよう!

カップル

妊活しているけど、なかなか妊娠しないので不妊気味かも?と疑う方も多いです。妊活を初めて2年ほど経っても妊娠に至らない場合は不妊を疑った方がよいでしょう。婦人科へ行き検査をすることも重要です。そしてホルモン剤での治療が行われるケースが多いですが、副作用も多く吐き気がしたり、体調がイマイチだと感じる方も多いです。そこで漢方薬を処方してくれる婦人科もあるので相談してみるのもよいでしょう。
漢方薬局へ相談することもできるので、不妊相談してみると体調や色々とチェックして漢方薬を処方してくれます。煎じて飲むことになるので、最初はあまり飲みなれていないと苦手だなと感じる方もいますが、次第に慣れるので続けることが漢方薬は重要になります。漢方薬局へ相談する場合、冷え性など現在の体調について詳しく伝えると、体の内側からしっかり体質改善できるよう、漢方を処方してもらえます。
不妊は冷え性なども影響が多いため体質改善することは、とても重要になります。漢方薬を飲んで体の内側から冷え性を改善し、新陳代謝をアップして体を温めることで妊娠率もアップします。妊活もスムーズに出来るようになり、安心して日常生活が過ごせるようになります。

不妊にお悩みなら漢方を試してみよう

結婚されている方で、そろそろ子供を持ちたいとお考えの方もいらっしゃると思います。女性には、妊娠に適した年齢や出産が可能な年齢、いわゆるタイムリミットのようなものがありますから、知らず知らずの内に焦ってしまう人もいるかもしれません。赤ちゃんが欲しいと思ってから、すんなりと自然に授かることが出来れば良いですが、こればかりは、なかなか上手く行かないこともありますよね。
不妊の原因は様々ありますが、あれこれと思い悩んで病院などで診てもらう前に、一度、漢方を試してみるのはいかがでしょうか。不妊の原因になっているかもしれない体質を、漢方の力を借りて改善することで、赤ちゃんを授かりやすくなるのです。女性の悩み事で多い冷え性や肩凝り、生理痛などにも漢方は効果があります。体を温めて、体内のリズムを整えて行くことで、内側から健康になり、それが不妊の解消へと繋がっていくのです。
東洋医学である漢方は、私たち日本人の体にもよく合います。煎じたものを煮出してお茶にして飲んだり、食事に混ぜたり、自分に合った方法で続けて行くことが大切です。漢方に興味をお持ちの方は、漢方薬局へ相談して、薬剤師さんにいろいろ教えてもらいましょう。

不妊治療には漢方がオススメです

結婚をし、そろそろ子供が欲しいかなと思ってもなかなか授からない。タイミングの問題かもしれない、子供は授かるものだから、時期ではないのかもしれないと、思ってしまいがちですがそれをずるずる引きずって、親戚中に「子供はまだか」なんてせっつかれてしまい、嫌な思いをしてしまうこともあるでしょう。
自分自身が不妊症であると、あまり認めたくないのもわかります。婦人科に掛かれば済むかもしれませんがハードルが高い。そう思われる女性も多いのではないでしょうか。もし、なにかしらの対策を練りたいのに、婦人科はと思っていらっしゃるのであれば、漢方はどうでしょうか?多種多様、様々な効能のものがある漢方であれば、不妊治療に効くものも存在します。
冷え性の方は、それらを治す漢方薬を飲めば改善されるかもしれませんし、月経不順にもいいとされる漢方もありますので、一度漢方薬局へ相談されてはいかがでしょうか?妊娠しない、不妊かもしれないと気が落ちこんでいる場合でも漢方はとても役に立ち、体にいいものなので安心して服用することが出来ます。特に、店舗の入り口辺りに「子宝相談」や「妊娠力をつけたい」といった張り紙がされているところは、そういった治療に力を入れていることもあるので、気軽に相談してください。

Press Release